交通事故の固定症状

後遺症として認定してもらうためには、交通事故で治療を開始して、固定症状になるまで待つ必要があります。固定症状というのは、これ以上は治療を継続しても回復が見込めない場合のことを指すのですが、この固定症状がなければ、後遺症として認定してもらうことはできません。後遺症に関しては難しい面がたくさんあります。しかも固定症状が出るまでしばらく時間がかかるので、それまでの間は心配だと感じてしまう人も多いでしょう。だからこそ弁護士への相談が必要不可欠なのです。

問題なのはいつごろ弁護士に相談をするのかという点なのですが、治療を開始する前では早すぎます。治療が終了、もしくは固定症状になってから相談をするのでは遅すぎるでしょう。ベストタイミングは、治療を開始してからです。治療を開始したときに、医師から完全に完治するのは難しい、固定症状になる可能性が高いと言われることもあるでしょう。このときに弁護士へ相談することをおすすめします。そうすれば後になって慌てて弁護士を探す必要はありません。

しかも弁護士へ相談してから時間が経過したとしても、その分料金が高くなるというケースは少ないでしょう。なぜなら弁護士というのは、成功報酬がメインとなっているからです。中には相談料を無料にしていることもあるので、このように良心的で後遺症に関して詳しい弁護士を探すようにしましょう。当サイトでは後遺症に関する相談を気軽に行える弁護士の紹介や、後遺症のときに注意するべき点をお知らせしています。