書類の内容も重要

後遺症として認定してもらうためには、医師の診断書がとても重要になります。診断書は弁護士に作成することはできません。そのため、医師の診断がとても重要になりますし、診断書の作成を依頼するのは本人でなければいけないのです。そのため、診断書の作成と受け取りに関しては、弁護士に相談をしても診断書を受け取ってほしい、必要事項には必ず記入してもらうようにというアドバイスを受けるだけになります。

診断書というのはとても重要であり、どのような検査を受けたのかも等級認定に影響してしまうのです。後遺症等級認定には、所定の検査を受けなければいけない場合もあるのですが、医師によってどのような検査を受けるのかというのは、多少変わってしまうこともあります。どのような検査を受けなければいけないのかは、もちろん被害者ではわからないでしょう。

医師も弁護士と同じように、患者のことよりも利益を優先してしまう人もいます。医療ミスが多い医師も存在しているので、弁護士選びだけではなく、病院選びも重要でしょう。しかし、人身事故として認定してもらうためには、事故現場から直接病院へ行く必要があるので、病院を選ぶのが難しい場合もあります。このような点も弁護士によく相談をしておきましょう。

相談して増額

後遺症で慰謝料を請求する場合、多くの人は加害者ではなく保険会社に請求するでしょう。なぜなら後遺症の慰謝料はかなり高くなっているので、普通の人に支払いを請求したとしても、すぐに払えないことが多いでしょう。だからこそ保険に加入して、いざというときに備えているのです。しかし、保険会社も利益を出さないといけないので、少しでも支払うお金を少なくしようと考えていることが多いでしょう。

しかも任意保険と自賠責保険の基準は比較的安くなっているので、十分な金額を支払えるとは限りません。このような場合にはどうするのかというと、弁護士に依頼することで支払金額が上がるのです。同じ等級であったとしても、弁護士に依頼をするのとしないのとでは、金額に倍以上の差が出てしまうことも珍しくはありません。これだけ差が出てしまうのであれば、やはり弁護士に依頼するべきでしょう。

人によっては加害者も十分に反省しているから、金額が少なくてもよいと考えてしまう場合もあります。しかし、後遺症で支払ってもらう金額というのは、保険会社からの支給になるので、特に気にする必要はありません。少しでも多く支払ってもらいたいと考えてもよいので、やはり弁護士への依頼は必須だと言えるでしょう。

参考HP〈後遺障害認定アシスト
後遺障害認定のサポートをしている弁護士法人アディーレ法律事務所です。

1 2